news archives

TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT

2019年12月 4日

1,takumi_kyoto.png

TAKUMI関連の活動が続きますが、こちらは京都で行われた「TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO」になります。
2016年に開始された「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を通じて47都道府県の匠、約150名が生み出した作品を一堂に公開するほか、匠とトップクリエイターとのコラボレーションによって創作される新たな作品によるインスタレーション、匠と京都の交わりをテーマとした展示などからなる、「日本の匠の未来」に触れていただくクラフトの祭典です。(HPより)

2,takumi_kyoto.png


3,takumi_kyoto.png

というわけで、制作の合間をぬって京都まで展示会に参加して来ました。
僕の参加する「JAPAN connection」会場は京都新聞社の地下1階。
会場の中は最小限の照明と、光る展示台が設置されているどこか神秘的な空間です。
もともとは新聞を印刷するための地下空間で、所々その名残が感じられる面白い空間でした。ちなみに会場・空間演出は隈研吾氏が担当されました。
ここではLEXUS NEW TAKUMI PROJECTの開始以来、LEXUSがサポートしてきた約150名の若き匠のプロダクトを一堂に集めて展示されています。プロジェクトから生まれた作品を一般に披露する展示の開催は、本プロジェクトとしても初の試みだそうです。
また同会場にて、京都市による「京ものユースコンペティション」の過去受賞者の作品も展示され、クリエイターによるトークイベントも本会場で開催されておりました。

4,takumi_kyoto.png


5,takumi_kyoto.png

展示台が光ることで作品がライトアップされているので、僕の細長い作品は幻想的な印象に感じられました。細やかなテクスチャーと金属のような不思議な色合いが良く映える展示となりました。ただ内側の見込み部分は逆光になってしまい、見辛い印象も見受けられまして、展示の仕方については大変勉強になりました。
会期中は国内外のバイヤー様や一般のご来場者様にご興味を持って頂きとても光栄でした。どんな素材・技法で作られているのか、どのような環境・イメージで作っているのか沢山の方とお話しできて京都まできて本当に良かったなと思えました。

6,takumi_kyoto.png

そんなこんなで、京都では丸々会場に在中しており観光などの時間は全く取れませんでした。せっかくなのでどこか見て周りたかったのですが、、唯一ホテルへの帰り道に京都タワーと東本願寺をサクッと眺めさせて頂きました。
また、空をふと見るとオリオン座が見えて、いつもは工房から見えている星座に、「おー、空はやっぱり繋がっているんだな」とそんなことに感動し京都での展示会を無事に終えました。また作品を通して様々な場所へ出かけられたらと思います。

7,takumi_kyoto.png


8,takumi_kyoto.png

「TAKUMI NEXT」

2019年12月 4日

3,takahiroyahagi_taiwan.TV.png

ジェトロ事業、クールジャパン海外需要開拓プログラム「TAKUMI NEXT」にご縁があり、エントリーすることになりました。
先日、キックオフミーティングが仙台にて行われまして、その後日、台湾からのテレビ局の取材を受けさせて頂きました。

海外バイヤー向けの商談会の機会に加えて海外メディアにもお取り上げ頂けるとのことで、どのような反応を得られるのか楽しみです。

台湾のテレビ局の取材では旅番組で、東北6県を特集するそうです。
ちなみに山形は矢萩になりまして、今回山形市内で作品の取り扱いのある「この山道を行きし人あり」での取材と工房での取材となりました。
https://www.tongari-bldg.com/3020

各県の匠とともに、観光地や料理などを特集するそうです。

※メディア
台湾 テレビ局「民視」 日曜20時の旅番組(60分)
※番組を他でも販売しているので、香港やシンガポール、などでも流れる可能性があります。
https://www.ftv.com.tw/

ちなみに日本での放送はないそうです・・・。

海外からの反応も今後の制作活動にフィードバックしていきたいと思います。

※クールジャパン海外需要開拓プログラムTakumi Next
https://www.jetro.go.jp/services/takumi_next.html

2,takahiroyahagi_taiwan.TV.png


1,takahiroyahagi_taiwan.TV.png

News更新

2019年10月16日

2,news_takahiroyahagi,star.png

News更新しました、今後の展示会の予定ぜひご覧下さい。
今年の展示会は12月の個展で締めくくる予定です。
その他は注文制作がみっちりあり、今年もお正月は無さそうです...。お待たせしているお客様、もう少々お待ち頂ければと思います。


そういえば、母から先日は芋名月だと聞きました。当日は曇りで月は見えなかったのですが、母が里芋を供えていたのを覚えています。中秋の名月の別名で里芋を供えて月見をする風習が昔からあったそうです。

ブログを書いている今日はとても月明かりが綺麗で思わずカメラを向けました。ちょうど霧が出てしまいボヤけて中々上手く撮れません...。
満月でしたが、星も綺麗に出ていてオリオン座も撮ってみました。
ギリシャ神話では乱暴者のオリオンは神に遣わされたサソリを恐れ、夏の星座であるさそり座が上るとオリオン座が沈み、反対にさそり座が沈むとオリオン座が上ってくるという星座の位置関係を上手く表した神話があるそうです。


誰かも同じ空を見てくれていたら嬉しい。
そんな夜でした。

1,news_takahiroyahagi,star.png

この山道を行きし人あり

2019年9月29日

1,この山道を行きし人あり_takahiroyahagi.png


2,この山道を行きし人あり_takahiroyahagi.png

「この山道を行きし人あり」というお店が山形市内に新たにオープンするとのことで、レセプションパーティーに参加してきました。
山形にゆかりのある作家やデザインの日用品を多く取り扱っており、自分の作品も常設でお取り扱い頂いております。
お店正面の壁には紅花の染料が塗られているとのことで、よく見ると淡いピンク色になっています。店内はカフェも併設されており、色々とメニューの試食をさせて頂きました。中でもふきのとう味噌のおにぎりとイナゴのふりかけのおにぎりが衝撃でした。本当にイナゴが乗っていて、昔おばあちゃんがイナゴの佃煮を作っているのを思い出して懐かしい気持ちになりました。食べれなかったけれど...。
古き良き山形を感じられる場所になれば嬉しいなと思います。お近くにお越しの際には是非フラッと立ち寄ってみてくださいませ。

「この山道を行きし人あり」
https://www.konoyama.com/

5,この山道を行きし人あり_takahiroyahagi.png


3,この山道を行きし人あり_takahiroyahagi.png


4,この山道を行きし人あり_takahiroyahagi.png

-Born from the earth- 無事に終了致しました。

2019年9月29日

4,unum2019,9.7_takahiroyahagi.png

先日行われたunumでの初めての個展を無事に終えることができました。
4日間のみの短期開催でしたが沢山のご来場誠にありがとうございました。
僕の展示会にお越しいただいたお客様にunumさんのお洋服をご紹介できたり、お洋服をご覧にお越しいただいたお客様が器を手にとって頂いたりと、新たな出会いとなる場になれたかなと感じております。unumさんの会場だからこそできる新たな試みを今後も引き続き考えて参ります。また次回お会いできる時を楽しみにしております。

2,unum2019,9.7_takahiroyahagi.png