news archives

「おつきさま」thank you .

2018年11月12日

上山市の名月荘での展示会にお越しいただきありがとうございました。
沢山の方にご来場いただきとても良い展示会になりました。

1,meigetusou,exhibition2018.png

旅館の敷地内にある蔵ギャラリーで2週間の会期ということもあり、普段ご覧いただけないような方にもお会いできて貴重な時間となりました。
また今回は金属工芸の先輩作家さんとご一緒できて展示空間の構成でも大変勉強になりました。改善点も沢山見出せたので、次回はさらに魅力ある展示会にできたらと考えています。

2,meigetusou,exhibition2018.png

この展示会で得られた経験を元に他の展示会でもより良い作品を発表できるように頑張ります。
またお会いできる日を楽しみにしております。

3,meigetusou,exhibition2018.png

ぶどう酒食堂 バッカナール

2018年10月 8日

ふ?と?う酒食堂ハ?ッカナール,1.png

また一つ、器を通して興味深い出会いがありました。
先日、山形市内にある「ぶどう酒食堂 バッカナール」さんへ打ち合わせに行ってきました。
このお店にはソムリエの方もいて、ワインはもちろん食材や道具に至るまで独自の感性がいきとどいています。
何気なく並べられたコルクの山やワインの空き瓶、壁の漆喰やテーブの傷、欠けたグラス、鍋底の経年変化した焦げ目などに美しさを感じてしまいます。見落としてしまいそうな繊細な素材の表情をしっかりとアンテナを張ってキャッチしているようです。
こんなに面白いお店があったなんて、正直驚いています。ワインのお好きな方は是非訪れてみては如何でしょうか。
ちなみに上記の器は10月23日からの名月荘での展示会で発表予定です。

ふ?と?う酒食堂ハ?ッカナール,2.png


ふ?と?う酒食堂ハ?ッカナール,3.png

events.

2018年9月 8日

8月から9月にかけて色々なイベント・展示会に参加いたしました。それぞれに特色のある濃い内容であっという間の出来事に感じられました。お知らせしたい記事も多々ありましたので、少しでも写真を通して伝えることができたら嬉しいです。

unum_takahiroyahagi,01.png

こちらは8月にオープンを迎えた仙台市内のセレクトショップ「unum(ウヌム)」さんでのレセプションパーティーになります。白と灰色を基調とした空間で中央には抽象彫刻のようなボリュームのある無機質な展示台が鎮座しています。アンティークの什器とシャンデリアの照明がアクセントになって程よい暖かみも感じる空間です。

unum_takahiroyahagi,02.png

オーナーの計らいで、僕の作品たちも中央のコンクリート質の展示台に並べて頂きました。こちらのストアでは白磁を中心に普段使いに取り入れやすく、かつ器の形状にも拘ったアイテムを多く納めさせて頂いております。白磁の器とコンクリートの質感がとてもマッチしていて、とても気に入っています。空間によって作品の雰囲気がまた違って感じられるので是非この空間でご覧いただければ嬉しいです。
その他にもジャパンメイドの拘りを感じるファッションとアクセサリーなどが並びます。
仙台駅からも比較的近くなので、お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。
https://www.unum.company/

onuma_takahiroyahagi,01.png

仙台でのお店のオープンイベントに続いて、山形本店大沼デパートでの「暮らしの工芸展」に参加させて頂きました。
この展示会は陶芸、漆芸、家具、染色の作家4人での構成で、毎年8月の中旬ごろの開催でお盆をまたいでの展示会になります。今回で17回目の開催になるとのことで、長年愛され続けている展示会です。前回までは陶芸の恩師である河原先生が出品されていましたが、今年から自分が先生の後任として出品することになりました。
ベテランの作家さんに囲まれての参加でとても緊張しましたが、力作が並ぶ中で出品させてもらえた事はとても良い刺激になりました。異素材同士の出品ということもあり、会期中は楽しく在廊することができました。
こちらでは、夏の暑い時期ということもあり、久しぶりに呉須を用いた爽やかな器を出品させて頂きました。

shinputen_takahiroyahagi,01.png


shinputen_takahiroyahagi,02.png

8月の下旬には宮城県の工藝藍學舎で開催された「新風展」にも参加してきました。東北を中心に若手の作家に着目したグループ展になります。こちらも年に一度の展示会で、会期中も作家が在廊し作家同士の交流の場としても貴重な時間を過ごすことができました。若手作家同士、一年ぶりに作品を通してお会いするとその成長ぶりなどが感じられて、お互いに切磋琢磨できる機会になっています。

yamanouenotoukiichi_takahiroyahagi,01.png

そして、9月1・2日には東北芸術工科大学主催の山形ビエンナーレのイベントとして大学内で行われた「山の上の陶器市」に出店いたしました。ギャラリーや店舗と違い野外での展示販売ということもありどんな内容になるのか手探りの状態でしたが、やってみると意外と自分のお店を持ったような感覚があって大変面白かったです。また次回出店の機会があればさらに質を高めて空間全体を通して自分の作品の世界観を伝えられたら良いなと思います。

yamanouenotoukiichi_takahiroyahagi,02.png

こういったナチュラルな木の板でも白い器が映えて個人的に良いなと感じています。この雰囲気に合わせて器をセレクトしてみてもまた面白くなりそうだと色々とアイディアが浮かんできています。実は10月、11月にも陶器市への出店を計画しています。詳細は改めてお知らせいたしますが、その時にでもまたバージョンアップしてお披露目できればと考えています。
最後に、現在は神楽坂の器ギャラリー「コハルアン」にて3人展を17日まで開催しております。この展示会だけの新作も出品していますのでお時間ありましたら是非ご覧頂ければ幸いです。

珍しく長くなってしまいました...、次回はもう少しコンスタントにアップできたらと思います。

Lexus new takumi project 2018 「匠」

2018年7月23日

lexus_takahiroyahagi,1.png

Lexusが主催するLexus new takumi project の山形県代表に選出して頂きました。
このプロジェクトでは全国47都道府県から作り手を選出し、デザイナーとのコンサルティングを得てプロダクト製品を新たに作り上げるというものです。

先日、レクサスギャラリー高輪で行われたキックオフ・セッションに参加してきました。第1回目のミーティングでは現在取り組んでいる制作を叩き台に、山形の地域性や作家としての個性を考慮しつつ、今後制作して行くプロダクトの方向性を決めました。

どんなプロダクトが生まれるのか、今後是非ご期待下さい。

https://lexus.jp/brand/new-takumi/

Takahiro Yahagi Exhibition - enjoyment of mongo - in musee Maenaka

2018年7月23日

8,musee.maenaka_takahiroyahagi,2018.png

今年も無事にmusee Maenakaさんでの個展を終えることができました。
初日から沢山のお客様にお会いできて、とても光栄でした。
別荘地のような場所がら、なかなか気軽に行けるような会場ではないのですが、遠方から足を伸ばしてお越しいただき、誠にありがとうございました。

13,musee_maenaka_takahiroyahagi.png

前回の個展では初めて作品を見ていただく方が多かったのですが、今回は前回の展示から引き続き来てくださった方や他の展示会で知り合ったお客様が特に増えたことが嬉しく感じました。

3,musee.maenaka_takahiroyahagi,2018_edited-1.png

まだまだ改善点や反省点は沢山あるのですが、次回の個展ではさらに魅力的な展示会を作り上げられるように今後も精進していきます。次回は再来年、2020年を予定しています。
またmusee Maenakaでお会いできるのを心よりお待ちしております。

6,musee.maenaka_takahiroyahagi,2018.png